自己破産すると、そのデメリット

自己破産のデメリットは、いろいろありますが、一番大きなデメリットは、高価な財産が処分されることです。

債務が問われなくなるのですから、仕方の無いというよりは当然
かも。知れません

高価な財産とは、99万円を超える現金及び時価20万円を超える財産です。家具や衣類など、これがないと生活が立ち行かないと認められるものは、一切処分されないので、今まで通りの生活をすることが出来ます。

手続の期間中(3〜6ヶ月程度)に限って一定の職種に就くことが制限されることです。(資格制限)
弁護士・税理士等の士業,株式会社・有限会社の取締役,宅地建物取引主任者,生命保険募集人,旅行業務取扱主任者,警備員等があります。
医師や教員,特別な職を除く国家・地方公務員は自己破産をしても制限されません。
posted by INBESTMAN at 19:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。