過払金返還請求

グレーゾーン金利として払った金額を返還してもらおうという
請求です。

高い金利で既に支払いしている、本来は業者が取得できない部分
は、裁判所が40年ほど前に「元金部分に充当されるべき」
と言っています。

司法書士、弁護士などの専門家に依頼すると、返済する元本
そのものを減額してもらうことができます。
それ以上に場合によっては、元金充当しても払いすぎている
時は、裁判所は「返還を請求することができる」と言っており
過払金返還請求が可能となります。

過払金返還請求をすると、「みなし弁済として、返還義務は
生じない」といわれることがあります。
貸金業規制法は、利息制限法を超える利息について
ある一定の要件を充たす場合には業者が取得してもよい。
と定めています。しかしその要件とは・・

1. 貸主が貸金業者であること 
2. 貸付けの際に法律で定められた事項の記載のある契約書を交付  していること 
3. 返済を受ける度に法律で定められた事項の記載のある領収書を  交付していること
4. 利息の支払が任意であること

この要件をすべて充たす場合には年間29.2%までの
利息の取得が認められています。
これをみなし弁済といいます。
しかし、平成16年2月、裁判所が
この要件を充たしているかどうかについては、
非常に厳しく判断することを明らかにしました。
現在ではこの要件を充たす業者はほとんど存在しません。
業者から、みなし弁済といわれたとしても、要件を確認して
みましょう。充たしていないはずです。
不安な時には、司法書士等の専門家に相談しましょう。

無料相談もありますし、依頼しても私たちが思っているような
高い料金ではありません。


posted by INBESTMAN at 20:21

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。