グレーゾーン金利

利息制限法と出資法

昨今、グレーゾーン金利という言葉を耳にします。
このグレーゾーン金利のために利息の払いすぎ(過払い)は発生するのです。

利息制限法で、
貸金の利息について貸付金額毎に上限を定めています。

1.  10万円未満・・・・・・・・・・年20%
2.  10万円以上100万円未満 ・・年18%
3.  100万円以上・・・・・・・・・年15%

これを超えた利息の契約は、超えた部分について無効になります。
しかし、クレジット会社、貸金業は、これを超えた金利で貸し付け
借りた側もその契約どおり返済しています。

ではどうしてこのような金利で公然とお金を貸しているかというと
利息制限法には罰則がないのです。
罰則があるのは、出資法です。
出資法には、業者がお金を貸す際に年29.2%を超える
利息の契約をした場合または利息を取得した場合には
刑事罰の対象になると規定しています。

つまり年間29.2%以下の利息取得であるならば、罰せられる
ことはありませんから、利息制限法を越える金利でお金を
貸しているのです。

利息制限法の金利を超え、29.2%以下の金利が
グレーゾーン金利というわけです。

50万円を借りて、22%の金利なら
22−18=4
4%がグレーゾーン金利なのです。
posted by INBESTMAN at 16:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。