弁護士相談・債務整理、任意整理、自己破産 > 任意整理・債務整理 > 弁護士相談・債務整理、自己破産、借りた側だけが悪いのか?

弁護士相談・債務整理、自己破産、借りた側だけが悪いのか?

弁護士さんへまずは相談してみましょう。

多重債務に悩む方の味方ということではありませんが、
お金を借りる原因、要因は、世間で批判されるような
ことばかりではないと思います。

政治も含めて世の中が、弱者に厳しいことは明らかです。
リストラ、保険制度、年金制度、福祉など弱者に優しいどころか
切捨てともいえることばかり。
何百万もの光熱費を法的に問題ないと容認している政府では
一事が万事、安心して暮らせる世の中ではありません。

大企業への融資優先、中小企業や個人事業者には冷たい
金融機関などなど・・・・。
仕方なく、カードローンを利用したり、少々高い金利でも
借り入れせざるを得ない状況があることは否めません。

また、貸金業の関する法律がきちんと整備されていないことも
問題です。
果たして、借りる側だけが悪いのでしょうか。
貸金業で、政治家のパーティー券を買ったことがないという
業者がいるかどうか・・・・・。
中には、国会議員や大学教授などに働きかけ、
現在制限利息を定めている利息制限法や出資法を改正し、
金利の制限を撤廃しようとしています。

さらに、マスコミへの圧力。ある弁護士のこの問題の取材コメント
は、あとで修正されていたと言います。
クレジット会社、貸金業は大きなスポンサーですからね。

借り入れ額の拡大や、借り入れ勧誘が行われていることも
事実です。こんな状況で果たして
借りた側だけが一方的に悪いのかと言われると
それだけではない気がするのです。

もちろん、働くこともせず遊んでばかりで、遊興費に使うために
借りたなんて言うのは、批判に値する行為だといえますが。

何はともあれ、まずは弁護士さんへ相談することを
オススメします。債務整理、自己破産が専門の弁護士さんが
いますし、司法書士も相談にのってくれます。
債務整理、自己破産は決して恥ずかしいことではありません。
人生の再スタートのために・・・・。
posted by INBESTMAN at 15:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。